新車の頃に戻すなら洗車でGO!!

Home > 洗車情報 > 洗車をプロにやってもらうか自分でやるかの違い

洗車をプロにやってもらうか自分でやるかの違い

 車は雨に濡れたり、屋外に駐車していると、あっというまに汚れてしまいます。また、ホコリが付着したままで長い間、放置していると塗装面を痛めてしまうことにもなりかねません。また、きれい好きな人にとっては、気持ち悪いですし、せめて1週間に一度くらいはピカピカにしておきたいところです。快適なドライブをするためにも、車はいつも綺麗にしておきたいところです。車の洗車は、意外に労力がかかりますので、背が低かったり、体力がない女性ですと苦手にしている方のも少なくありません。まんべんなくブラシや手がとどかないと、綺麗に仕上げることができないだけでなく、水に濡れて大変なことになるといった方もいらっしゃるでしょう。きれいに仕上げるためには、1回だけ水洗いでは足りず洗剤で汚れ落とし、細かい個所の汚れを落としていかなければなりません。

 料金の節約や時間がないときになど、洗車を自分で行なうこともあります。車の汚れはホコリだけでなく、排気ガスやその他の油汚れなど水洗いだけでは完全に落とすことができずに、くすんだものとなりがちです。特に自分で行った場合は、労力をはしょって水洗いだけで済ませがちですが、汚れがうっすらと残っている場合があります。十分な油や汚れが十分に落としきれていない証拠です。背の低い方ですと高い位置を洗うため、脚立を用意しなければならないなど、単に洗車という以上の労力があることが分かります。しっかりとピカピカにするためには、ワックス掛けを行なうことも必要です。これに加え乾拭きの労力を考えると、かなりの体力が必要であることが分かります。雑な洗い方ををすると、塗装面に細かいキズができてしまうことありますので注意が必要です。

 車を洗う専門の業者を利用すると、プロとしてのテクニックや違いに気がつくことになります。そのクリーニングに関するノウハウや知識が、長年の経験を通じて蓄積されているからです。個人で行った場合と比べて、一味違う出来栄えを実現するための事例を見ていきましょう。掃除の対象の一例としては、ガラス面の汚れ落としに違いが出てきます。素人が洗浄した場合には、洗っている時には、なかなか気が付きませんが、水垢を十分に落とせすことができず、ウロコ状の汚れが残ってしまうことが多いという問題点があります。プロが実施する方法には、使う道具に違いが見られます。市販されていない専用の洗剤を使ったり、研磨剤を用いて水垢を落とすなど様々な手法を適用しますので、個人レベルでは太刀打ちできない仕上がりとなります。

カテゴリー

PAGE TOP