新車の頃に戻すなら洗車でGO!!

Home > 洗車情報 > 洗車をする際のコツを知っておく

洗車をする際のコツを知っておく

洗車をする人は多いです。
特に新車を購入するといつまでも綺麗な状態を保ちたいと考えます。
車を洗うのは良い事ですがいくつか注意しないといけない事があるので覚えておくようにしましょう。
どんな事に注意をしないといけないのかと言いますと強く擦らない事です。
あまりにも強く擦ってしまうと傷がついてしまう事があります。
なかなか取れないような汚れがついてしまう時もありますが、その際は時間をかけてゆっくりと擦るようにしましょう。
汚れが取れても傷がついてしまうような事があると綺麗になった気分を得る事ができません。
汚れを落としたいと考えるのは当然になりますが、汚れを取るよりも傷つけない事を優先するようにしましょう。
汚れは時間をかければ取れますが、傷は一度ついてしまうと取る事ができません。
優しく擦り傷をつけないように洗車をする事を考えるようにしましょう。



洗車は1週間に1回くらいでも問題ありません

車を綺麗にしたいと考えて頻繁に洗車をしてしまう人もいます。
しかしあまりにも洗車をしてしまうと気が付かないうちに傷がついているなどの場合もあります。
これではせっかくの新車が無駄になってしまう事になります。
毎日のように車を洗う人もいますが、回数を減らして1週間に1回くらいにしましょう。
そうする事によってあまり傷がつかないようになります。
柔らかいスポンジなどを使うと傷をつけないで車を綺麗にする事ができると考える人もいますが、爪が当たってしまったりする事によって、傷はついてしまいます。
どんなに気を付けても傷はついてしまう可能性があります。
1週間も車を洗わないと言う事に抵抗を感じる人もいますが、1週間くらいであれば落ちない汚れがついてしまうような事もありません。
最初は車を洗えない事に苛立ちを覚える事もありますが、徐々に慣れてくるでしょう。



夏の洗車は夕方以降がおすすめです

洗車が趣味だという方は多いですよね。
とくに、一戸建てに住んでいてマイカーを持っているお父さんなんかは、よく休日になると愛車の洗車をしているイメージがありますよね。
きれいに車を洗い上げるには、やっぱり最後のふき取りまでしっかりやる必要がありますよね。
でも、夏場の洗車には少し注意が必要です。
特に日差しの強い日中に車を洗ってしまうと、洗剤で洗っている途中や、水で流し終えふき取る前に、太陽の日差しによって水や洗剤が乾いてしまうことがあります。
途中で水や洗剤が乾いてしまうと、跡になってしまうので、せっかく車をキレイにしたいのに残念な結果になってしまいます。
ですので、夏場に車を洗うなら、日差しが弱くなる夕方以降にするのがオススメです。
涼しくなりますし、太陽も沈んできますので、途中で乾燥することもなく、快適に車を洗うことができますよ。

カテゴリー

PAGE TOP