新車の頃に戻すなら洗車でGO!!

Home > 洗車情報 > 洗車をする際に頭に入れておきたいこと

洗車をする際に頭に入れておきたいこと

愛車をいつでも快適に乗るためにも、汚れが気になったら早めに洗車をして清潔に保ちましょう。
ちょっとしたコツをあらかじめ頭に入れておけば、自分で洗っても驚くほどきれいになります。
まず、頭に入れておきたい大きなポイントは、曇りの日に洗車することです。
その理由は、太陽の光で水が蒸発する際にクルマのボディに水跡が残ってしまうからです。
どうしても忙しくて天気を気にすることができない場合は、日差しが弱い朝や夕方に行うときれいになります。
また、愛車のボディを傷つけてしまわないために、できるだけ柔らかくて吸水性が高いクロスを使うようにしましょう。
さらに、円を描くように洗うことを意識すれば、摩れによるキズを防ぐことができるので安心です。
どうしても自分で洗うのが難しい場合は、ガソリンスタンドの洗車サービスを利用するのもよい方法です。



ドライブのついでにセルフ洗車を利用するメリット

ドライブをする時は走行距離が長くなると排気ガスなどの汚れが付き、窓ガラスが曇って見えづらくなるため洗車をする必要があります。
料金はセルフでするとガソリンスタンドや駐車場を利用するよりも安く、事前に場所を確かめて気軽に立ち寄りやすくすると便利です。
洗車はこまめにしないと汚れが落ちにくくなるため、車体を触るだけで手が汚れて不快に感じやすくなります。
車を愛着を持って運転したい時はきれいな状態を維持することを心がけ、状況に応じてきれいにする時期を決める方法が望ましいです。
セルフでする方法は流れを把握しないと混乱するため、利用する前に確かめてきれいにできるように備える必要があります。
ドライブのついでにセルフの洗車を利用するメリットは車体の気になる汚れを落とせるため、周囲からの見た目を良くして自信を持てることです。



定期的に洗車をして車を綺麗にしておく

マイカーを持っている人は、定期的に洗車をして車を綺麗にしておくのがお勧めです。
車を洗わないと汚れが蓄積されて見た目が悪くなります。
そうなると車の手入れをしていない事がばれてしまうので、清潔感がないとマイナス評価をされる可能性があります。
特に、異性とのデートの時に車が汚れているとそれだけでマイナスになり異性との交流にも影響が出てくるのでなるべく綺麗にしておくのが望ましいです。
特に雨の中運転すると、当然汚れがひどくなる可能性があるので、雨が降った次の日には洗車するのが得策です。
自分で洗わなくてもガソリンスタンドに行けば専用の機械がありますので、そちらで車を綺麗にすると手間もかからないです。
車の汚れは目立つので少しでも周りからの評価を高めたいのであれば常に綺麗にしておく事を意識して車を運転していきます。

カテゴリー

PAGE TOP