新車の頃に戻すなら洗車でGO!!

Home > 洗車情報 > バイクを洗車するときの注意点とは

バイクを洗車するときの注意点とは

バイクを洗車するときは、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。
まず、ほとんどの人はよく晴れた日に洗車しようとするでしょう。
乾くのが早いと言うのが主な理由です。
しかし、晴れの日だと車体に残った水滴がレンズのようになり、太陽光が原因のシミになってしまうことがあります。
曇りの日に行うのがベストと言うことを頭に入れておきましょう。
または、日陰で行うことです。
また、水道を周囲に迷惑をかけることなく使えれば、洗車はとてもスムーズに行うことができます。
しかし、近隣住宅の関係で水道が自由に使えないと言うこともあるでしょう。
水道が近くにない場合もあります。
そんなとき活躍するのがじょうろです。
じょうろに水を汲んで使いましょう。
また、服装も大事です。
汚れても問題ない服装で作業しましょう。
おすすめはツナギです。



バイクを洗車するときに必要なものと服装

バイクを洗車する場合、洗い方を知ることも大切ですが、まずは必要な道具を知っておかなければいけません。
スポンジとタオルとゴム手袋、洗剤とバケツとブラシは最低でも揃えておきたいです。
軍手もあるといいでしょう。
もちろんですが、タオルは1枚だけではいけません。
吸水タオルと拭き上げ用に何枚か用意しておくことです。
洗剤はカーショップで販売している専用のものでないといけないと言うわけではありません。
台所用中性洗剤でもOKです。
ブラシは油汚れがひどいところに使う用と、塗装面に使う用の2本用意しておきましょう。
また、洗車に適した服装も知っておくことです。
作業用のツナギがベストですが、作業しやすくて汚れてもいいものなら何でも構いません。
靴は基本的にはレインブーツですが、夏場は蒸れるのでサンダルなどでもいいでしょう。



洗車をするときの注意点としては

洗車というのは要するに大事な車を洗う行為ですが何でもよいから水をかけてブラシで磨けばよいわけではないです。
洗剤も車用のものがありますし、ブラシも車専用のものにするようにしましょう。
洗車のための洗剤は本当によく選び抜く必要があります。
車は塗装がされているわけですから、その塗装を傷つけること、劣化させるようなことがないような洗剤を選ぶことです。
ブラシもそうです。
極端に強いブラシは避けるべきであるといえるでしょう。
洗車をするための道具に関してはカーショップなどでいくらでも販売されています。
自分の車に見合うものをしっかりと選ぶようにしましょう。
ワックスをかけたりすることもあるでしょうし、艶を出すためには少なからずお金がかかることでしょう。
しかし、大事な車のためですから惜しまないようにしたほうがよいでしょう。

カテゴリー

PAGE TOP